Monday, 5 December 2016

散歩の極意 








他の犬と遊ばせるのもいいけれど、
”一緒に散歩に行く”効果って、大きいと思うんです。

犬同士だけではなく、家の中では警戒してしまう人でも、一緒に散歩に出掛ければ、仲間意識も芽生えて、その後も受け入れやすくなるというか。

と言うわけで、一緒に散歩してくれる犬大募集中のマイ。


今週のお相手は、ご近所に住む大先輩BB君。




飼い主さんとは少し前から知り合いだった相方ですが、WhatsApp(日本で言うLINEみたいなもの)のプロフィール写真を私に持ってきて、
「この犬なら、マイに合うんじゃない?」というのが始まり。

私もだけど、ペットの写真を使っている人が多いから、こんなことで繋がりが出来てくることも面白い。


霧雨&霧の中、13歳のBB君と近所をゆっくり2時間ほど散歩。

これくらいどっしりした犬さんとの散歩はまた味があっていいなぁと、犬だけじゃなくて私も癒されモードでした。





その前の週は、プレイグループと犬ペンションでお馴染みの仲間との散歩。


おんなボス。宜しくっす!

ところが、散歩の最初の段階で、おんなボスが消え、それに続いておとこボスも消え、、、

みんな一度そっちに走って行ってしまうけど、大体の犬がすぐに戻って来た。

犬に集合をかけて(総勢8匹)暫く待っていると、おんなボスが何かを咥えて戻って来た。
湯たんぽくらいの大きさのものに、ぶらぶらと長い棒がぶら下がっている。

あああ、蹄(ひづめ)が見える~

鹿の腿だったんです。


トレーナーでもある飼い主さんなので、どうされるのかしら、、と思っているうちに、
「みんな先に行って!」と。





仕様がなく、残りのメンバーで散歩を続け、家に戻ってもまだ帰ってきていない。

散歩の後のお茶会の準備が整っていたので、取り敢えずコーヒーだけでも飲むことにしたんですが、20分経ち、40分経ち、、、。

もう外が真っ暗になった頃に、これは懐中電灯を持って、探しにいかなければと立ち上がった時に、やっと帰ってきた。


「あー寒かった~。」と、飼い主さん。何があったんだろうとドキドキしていた私は、ちょっと拍子抜け。

何でもなかったかのように、「食べ終わるまで待ってたんだけど、その後も次々に鹿の死骸が見つかってね。だから長くかかったのよ。」と。


確かこの犬たちも、ポーランドから来た野犬で、普段見ている限り、落ち着いていて、家庭犬以上の聞き分けの良い犬たちですが、そんな新鮮で豪華な獲物を取り上げるというのは、無意味な行為のようです。どの道、絶対渡さないし。




お疲れの様子。マイが毛を逆立てる度に、なになに?ってキョロキョロしていた。若い子に付き合うのは疲れるぜ。



私がおもしろいなと思ったのは、他の犬には分け与えなかったこと。
そして、マイも含め、殆どの犬が直ぐにそれを悟って、あっさりと戻ってきたこと。

一匹だけ、いつまでも欲しそうに付き纏っている犬が居ましたが、結局最後まで貰えなかったそうです。


気持ち良いくらいはっきりしている。


小さな職場なんかで、ちょっとした立場の差を大げさに正当化したり、不平等にやたらと敏感になったりしている人間社会に比べると、スカッとした気分になるのは私だけでしょうか(笑)。



そんな不条理のような、それでいて筋が通っているような世界に想いを馳せられるのも、散歩の醍醐味かな。








にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ




Friday, 2 December 2016

今年のキノコと、キノコ中毒 





タイトル: きのことわたし

今年のキノコは、まったく残念な結果でした。

夏は大雨、でもスコールのようなザーーーっと流れてしまうタイプの雨で、地下には溜まらず。
秋は天気だったものの、雨が全然降らず、乾燥続き。

そして10月に一気に寒くなってしまって、キノコも出てくるタイミングを逃したようです。


それでも、私が日本帰省から帰ってくると、ちょっと天気が良くなって、2、3日に間に今まで我慢していた勢いで、ニョキニョキと顔を出してくれました。


ある日の収穫。

またある日の収穫。

カボチャのスープとキノコパスタ。秋の味覚~

またある日。

この日はナラタケ(奥)とハナビラタケ(手前)。

それが、10日ほど続いたのかなぁ。

毎日せっせと犬の散歩の度に、森を歩き回って、キノコ狩りを楽しんでいたんですが、

次はこれですよ。




予想外の大雪&寒波。

昨日までキノコが毎日新しく顔を覗かせてくれていたのに、一晩で真っ白ーーー。


はい、終了!って感じで、いきなり終わりを告げました。。。


そしてその後、また暖かくなって(なんなんでしょーこれ。)、雪も溶け、散歩道にキノコがちらほら見えている。でも、これ、今出てきたのか、雪の下に隠れていただけなのか。

そして、最近聞いたのが、キノコで食中毒になったという人の話。

どうやら、雪の下でいい感じに保存されていたキノコを新鮮なものだと思って食べてしまったらしい。

古くなったキノコはふにゃふにゃとしていて、指で押して弾力がなければ止めておくのが基本なのですが、私もそんなキノコに触ってみると、意外と固い。

どういう具合か、うまく保存されてしまったために、新鮮に感じてしまったのだろう。

古いキノコは危険だと、改めて思いました。


主張しないキクラゲも好き。(ある中華屋にて)


あと、こちらのスーパーでよく見かけるのですが、保存状態が悪いキノコ。

キノコは生鮮食品なので、せめて冷蔵保存して欲しいところ、暖房の効いた暖かいところで堂々と販売していらっしゃる。。

そういうところのキノコは、古くなっているのもそうですが、最悪な場合はカビが繁殖していたりする。

キノコも菌なのだから一緒、とかではないですよー。

鍋の季節、キノコ選びに気をつけたいですね!って、土鍋欲しいーーー







にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ




Monday, 28 November 2016

保護犬のうわさー嘘、本当? 








私の通っているトレーナー付きのドッグラン。
ティアハイム(動物保護施設)主催ということもあってか、3分の2は保護犬。その中でも殆どがドイツ国外からやってきた犬ばかり。


みんな見た目も性格も個性豊かな犬たち。


保護犬だと分かると、「どこから?」「ロシアです。」「ああ、うちはルーマニア。近いわね。」「あ、うちのは南方系、スペインよ。」という会話が飛び交う。

今では、ドイツ国外からの保護犬のほうが多くなっている事実から、こういった質問が必ず出てくるのだと思う。

地続きのヨーロッパ、人も犬も自由に行き交う姿は見ていて面白い。
でも、そこにはしっかりと違った価値観や習慣、そして法律も国によってまったく違うという現実も見えてくる。

そんな違いが、犬の環境からもちょっと垣間見えたりして。



泥の中の石を掘りあてる楽しみ。潮干狩りのつもりなのかな。


よく言われているのは、南ヨーロッパから来た犬は、育てやすいと。

野良犬だったとは言え、元飼い犬だったこともよくあるらしく、人に慣れている、もしくは人慣れしている犬種だったりする。

たまに、こんな純血種のかっこいい犬が野良犬だったの?と驚くこともあるけれど、
捨てられたんだろうな、、、と思うと、ここまでやって来た経緯がとてつもなく悲しい。

特に、猟犬種が多いのも目につく。

使えなくなったから、捨てられたタイプ。

私も好きな国なので、ここでは敢えて国名は伏せておきますが、ある国では、いらなくなったら捨てられるだけではなく、残酷な虐待が行われている。

ドイツに住んでいる方なら、一度は耳にしたことはあるかと思いますが、私は始めて聞いたときは、そんなの噂に過ぎないと思っていました。

でも、実際に現場を見てきた人に話を聞くと、信じざるを得ない。

せっかく高いお金を出して、”使える”と思って買ったのに、使えないから、その腹いせに犬を痛みつける。これって、そういう習慣があるというより、その人の人格を疑ってしまう。

そしてそんな犬は、人間に対する恐怖心を一生抱え続けることになり、保護されてからは、専門家のセラピーが必要だったり、飼い主の多大な努力が必要とされる。


うまくいく場合ばかりでもないのが本当に悲しい。





さて、今度は東ヨーロッパから来た保護犬の噂。

最近お話しした女性の方で、二人のお子さんがいて、もう一人、里親として引き取って育てている子供もいる。

その上、というか、犬も二頭飼われていて、両方共、元保護犬。
そのうちの一頭はセラピー犬として、自分で育て上げ、ご自身もハンドラーとして活動しているという。

世の中にはどこまでパワフルな人がいるんだ、、、。


その方のお話によると、東欧から来た犬は育てにくいと言う。

田舎に行けば行くほど、人との接触が殆どないほぼ野性化している犬が多いそうで、保護したとしても、なかなか人間社会に慣れないところから、育てにくいと言われているそう。


そして、そんな犬は、オオカミと頻繁に交雑している場合がある、と。







ホントか!?



ホントなのか!?



まぁ、噂に過ぎないということで、、。

でも、まったく知らないマイの出生ですが、うちに来た当初、お腹の虫との戦いがあったことから(しつこかったなぁ)、母犬も野良犬だったことは明確な事実。

そう思えば、家庭犬として頑張っているなぁと感心しています。


お腹の虫と言えば、保護犬あるあるで、

「うちは、排泄物を集めなくてもいいのよ~排泄物が自分で歩いていくからね~。」


うげ~~~


すみません、、締めくくりに汚い話で。









にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ




Tuesday, 22 November 2016

鳥インフルエンザで勧告ーペットを飼っているみなさんへ 








またこの季節がやって来た!という感じでしょうか。

週末から月曜日にかけて、また新たな疑惑事例が発見されたそうです。
その中の3羽からは、鳥インフルエンザのウイルスが検出されたとのこと。

これを踏まえてハンブルグは、猫は外へ出さない、犬はリード着用の勧告を出しました。


守らずに感染した鳥に接触し、ウイルスの感染経路を拡大させた場合、最高で30000ユーロの過料が科されるということです。



みにくいアヒルの子。ガンバレ!


ニュース元は、こちらです。(Welt.de


でもこれ、なんとなく脅しのように聞こえて、怖いんですけど。。

ペットを飼っている側からすれば、自分の大事なペットが、そんなおそろしいウイルスに感染してほしくないので、近づかないよう自主的に心がけると思うんですが。


それと、もちろん、鶏などの放し飼いも禁止されました。



ペットにとっては、ちょっと窮屈な生活になりそうです。


これからヨーロッパ全土に広がる可能性もあるので、ペットを飼っているものとしては、情報収集ですね。



余談ですが、先週スーパーで、鴨が大特価だったので、思わず購入したんです、、、

売れなくなる前の叩き売り??

ま、おいしかったですけど!











にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


Saturday, 19 November 2016

日本人だからという、偏見 








偏見とまではいかなくても、日常ちょこちょこ出てくるドイツ人の日本に対する先入観を書いてみたいと思います。



ドイツ語ではズシー。ズは分かるとして、シーと伸ばす人がいるのが気になる。


その前に、私の回りだけなのかもしれませんが、猿が温泉に入っている画像
というのは、そんなにドイツ人の間で浸透しているんでしょうか?

日本人を見つけると、ここぞとばかりに、面白いテーマとして話されるんですが、飽きました。

「そうですねー。面白いですよねーはははー。」と、一応愛想笑いはしますが、
もっとバリエーションがあって欲しいなと思う今日この頃です。


さて、先入観の話。


ドイツの公園には、たまにコンクリート製の卓球台が設置されているのですが、
休みの日に友達と卓球しようと言うことになった時の出来事。

私たちが始めようとすると、ドイツ人カップルが遠くからじわじわと近寄ってきて、ヒソヒソと話している。

「ほら、見て!ラケットの持ち方からして違うわよ。」

「うん、これはおもしろい試合が見られるかもしれないね。」


そして、私たちが卓球を始めると、首を横に振って、肩を落として、去って行った。



ちょちょちょ、ちょっとー!

なんかこの流れ、私が期待裏切ったみたいなことになってない?


あんた達が勝手に思い込んでただけでしょー
私は卓球するのが、ほぼ初めてだったから、ラケットの持ち方も知らなかったんだって。


アジア人=卓球が上手い、とは限りません。



次はちょっと嫌だけど、よくあるパターン。


高級な飲み物を出すバイト先でのこと。

その高級な飲み物を入れるグラスの扱いが気に入らなかったボスからの一言で、

「いやー、君は日本人だから、日本人のなんというか几帳面さを期待していたんだがねー。」


知らんがな。生まれて初めての仕事を完璧にやれる人なんて、ほぼいません。


「私もうドイツが長いので、ドイツ人化しちゃったんです。」


イヤミにはイヤミで返すよ。
 



紅葉と雪。変な組み合わせ。


ドイツ人化と言えば、
相方のお母さんが、うちへ遊びに来た時のこと。

何をしていた時だったかは、忘れてしまいましたが、お母さんが感心を込めて、

「あらー、あなたもすっかりドイツ人化しちゃってー。」と。



そこに相方が透かさず、

「ママ、ドイツ人化したなんて、日本人女性にとっては最悪の侮辱だよ。」


相方ナイスつっこみ!


と、心の中でつぶやきましたが、お母様は良い意味で使ったまでで、おろおろし始めたので、テーマを変えて、お茶を濁しておきました。


このドイツ(人)化という言葉は、eindeutschen というドイツ語があるように、よく使われるのですが、私と同じ年代の間では、自虐的にドイツ人が使うことが多いような気がします。

国民性を主張するのがタブーの国だからというよりも、そんなこと自体が馬鹿げている、という感覚でしょうか。





さて次は、犬に関すること。

まぁ、私がアジアっぽい犬を連れているというのが、紛らわしいのでしょうが、
この前会った通りすがりの女性に、


「あら、それ、”INU”っていう犬でしょ?」


突っ込みたいのは山々ですが、言いたいことは大体分かるので、「いいえー、ロシアからの保護犬なんですよ。」と。


こちらではなぜか、SHIBA-INUという呼び方が浸透していて、この方の場合、SHIBAを省略してしまって、残念なことになってしまったのでしょう。



犬の遊び場で一緒のおじ様は、

「ああ、知ってるよ。その犬、TERA_INUって言うんだよね。
大昔から、日本の寺では、犬は大切に扱われていて、その犬は寺の安全を守りつづけているんだ。」

と、私だけではなく、回りの人にも自信満々に語っていました。



そんな話、聞いたことあります?

なんとなく、ありそうな話ですけど。


狛犬?



でも、上記のステレオタイプな概念を押し付けられるより、ちょっと面白い。



こうすれば、ロシア娘って言われるかしら。













にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ