Thursday, 12 January 2017

ドイツの犬ビデオーどんな会話をしているの? 








犬が遊んでいると、楽しそうで飼い主まで嬉しくなるものですが、ホントの所、どんな会話をしているの?というのを丁寧に説明してくれるビデオを紹介します。



数年前にこちらでも紹介した犬のポジションに関する本(その時の記事:犬をより理解するための教本)を基本に、犬との会話を試みている女性がいると書きましたが、

それから数年が経ち、独自で研究する中で疑問が生じ、自分のホームページで今までの考えを改めるという発表をされたのが今回のビデオを製作された方です。

基本的には似ているのですが、以前のように役割をきっちり7つに分けると言うことはしなくなりました。






本当はもう少し細かく分けられているのですが、ここでは大きく分けて、リーダー格の犬と従業員もしくは仕事仲間タイプの犬がいると考えて下さい。

このマリノア(ベルジアンシェパード)はリーダー格。黒のバーニーズMixは従業員タイプ。

始めはマリノアがバーニーズに寝転ぶように、自分が伏せをして試みています。
が、そうは簡単にいかないのが犬の世界!

人間の上司と部下の関係とはまったく違って、部下自らが、「どれだけ力があるのか、私に見せなさいよ!そうじゃないと、一緒に働けないわね!」と、リーダーの度量を試しにかかっています。

次に二頭が走り出しますが、これは意味のない追いかけごっこではなく、会話に持ち込めるかどうかの駆け引き。

スローモーションになったところを見るとよく分かるのですが、マリノアがバーニーズの行く先々に先回りして、線引きをしているのが分かります。(02:07)

これは、飼い主も学べる所で、犬を止めたいとき、犬の行く方向を先読みしてその線上に立つだけでいいのです。


その後、バーニーズが上半身を屈めてゆっくりとした尻尾の動きを見せ、精神的に落ち着いてきたことを表しています。それがマリノアが求めている状態。

その後もバーニーズが走り回ろうとしますが、今度は少しハードに注意勧告。
そして、自分から寝転がって、バーニーズも真似るように交渉しています。(03:17)


 (04:00)からは、穏やかな遊戯、関係の交渉に取りかかっている所。
バーニーズも寝転がって、マリノアが最初から求めていた姿になっています。

そこには、ゆったりとした穏やかさがあり、それをじっくり味わっているよう。綺麗な光景ですね。



さて、次のシーン。

大きなブロンドの犬がリーダー格。若いマリノアは協力者タイプ。かなり外交的な子。
ブロンドの犬はあくびしちゃってます。

こういった全てを早さで解決しようとする活発なタイプは往往に境界線を求めていることが多い。

ブロンド犬としては、「えー、まぁ、ここに立ってることにするか。それで落ち着くかもしれんしな。」


そこに、先ほどの二頭が入ってきます。

リーダー格同士の挨拶も迫力ありますね。

その後直ぐに、リーダー格の方のマリノアが若いマリノアを教育しにかかります。
エナギッシュで楽しんでいる様子が見て取れます。

こういう遊びは、一度で終わりではなく、毎日のように繰り替えされるそうです。うーん、そんなこと、人間関係で毎日やっていたら、すごく疲れそう。。犬って大変!


次に(07:30)バーニーズがマリノアの協力者として参戦してきます。

若いマリノアをストップさせて、おもちゃの兵隊のように動かず立ち塞いでいますが、その様子を付かず離れず見守っているリーダー格のマリノアをちらちらと見ているのが分かります。

これは、自分の意志でやっているのではなく、マリノアからの使命を受けてやっているからということが見て取れるのです。

(08:00)辺りで、若いマリノアの尻尾が柔らかく降られるようになると、全体の空気がゆっくりに変化し、そこでようやく一つのグループとして纏められました。


その後も他の犬のビデオが続きますが、良かったらご自分で分析してみてくださいね。







どの犬がどのタイプだとかは、二の次で、なぜ犬はこんな行動をするんだろう?という興味をどんどん増やせていければと思っています。


この本は去年出版された、彼女の4冊目の本。出版される前に注文してしまいました。

タイトルは、"adventure trust"
人生って、信頼に向かう冒険の旅かもしれない。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ




Tuesday, 10 January 2017

大好きな友達 







この犬は犬が苦手なのでは?と当初は思っていた私たち。

徐々に他犬との触れ合いを増やしていくうちに、逆に犬が大大好きなのでは!と思うようになりました。

でも、「全ての犬が好き」というのではなく、「ある特定の犬が大好きでたまらない」という、偏った愛、執着した愛とでも言いましょうか、独特の愛情表現を示すのです。





毎週通っているプレイグループと預かりペンションで、固い友情を結んだこの犬さんは、前にも書きましたが、数か月前から新たに女友達が出来ました。




右側の灰色の犬さん、
年齢も出身地も大きさもだいたい同じロシアからの保護犬。名前(マイの本名)まで同じという偶然!

初めての出会いは、向こうはそんなに気にしていなかったのですが、マイの目の輝きは並ならぬもので、ストーキング?と気になるくらい執拗に自分アピールをしていました。

アピール(遊ぼうよ!)だけではなく、他の犬がこの犬に乗っかろうとしたり、しつこく追いかけ回したりすると、自分が盾になって彼女を守る。いつも目の端で彼女を気にして、何かあったら飛んでいく。

それが3週目になった頃から、彼女の方もマイに付き纏い、徐々に遊びを始めて、自分たちのリズムを見つけ出し、がっちりと女の友情を結束した姿は、トレーナーさんも他の飼い主さんも惚れ惚れする光景でした。



あちょー
とりゃー
おりゃー


気づいたことは、二頭の遊びは追いかけごっこもプロレスもなんでもありなのですが、一定のテンション(高くもなく低くもない)が保たれているということです。

犬の遊びでよく目にするのは、ダイナミックにテンションが移り変わって、それを楽しんでいるところがあるように思うのですが、この二頭の場合は、二人の呼吸が合うこと自体が、ダイナミズムであり、重要なんだと言わせているように思います。

それと、「二人だけの世界」にハマることも特徴でしょうか。
他の犬が絡まってくると、ピタッと止めてしまいます。


その他にも、ベテランのジャーマンシェパードのメスが来たときも、一時間二頭だけで遊ぶという、かなり濃い関係を結んでいました。


人間でも、広く浅くの友達関係を作る人と、少なくても深い友情を求める人がいるのと同じような感じなのでしょうか。





ただ、別れがとっても辛いらしく、友達が来ない日は、車が来る方向を寂しそうに眺めていたり、先に帰ってしまうと、上の写真のようなうるうる目で悲しそうにしているんです。


また来週会えるからねー。


こういった犬の特徴的な行動を研究している人がいるので、次回紹介したいと思います。








にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ






Wednesday, 4 January 2017

初日の出を探して 









こちら、エルベ川の麓も静かに年が明けました。


さて、今年の最初のプロジェクト=初日の出を見よう!を企画してみました!






湿地帯と平坦な風景が広がる北ドイツには山という山がありません。

それは分かっていたんですが、改めてこの辺の地形を詳しく調べてみて、唖然となる。

住んでいるところは、だいたい海抜20ー50m程度。
散歩に出かける川沿いは、0ー10mとか、時にはマイナスなんてところもある。川の水が増水すると、すぐに水の下になってしまうのも無理ない。


そんな所で、一番高い山?丘?を探しても、前方に森が広がっていたりしたら、アウトだ。

海抜107mというのが、精一杯のところ。もうこの辺で、熱が冷めそうに(笑)





大晦日に下見として、その場所に行ってみる。
ここが90mで、




あの霧の向こうが、107m付近らしい。
霧?いやいや、歩いて行ってみよう!




方角的にあそこから日が登ります、と。




こんなものも見つけました。
狩猟用の高台ですね。こちらのハンティングでは、こういった高台から狙うのが多いです。
よく見えるからという理由だけではなくて、地面に向かって撃ち込めるので、安全ということ。
平地過ぎるので、立ち位置で撃ったら、ロシア辺りまで弾が飛んでいきます(嘘)。




犬は下で見張り番。
何の為でもないけど、こういう大役は大好きなので、自分から進んでやってくれる。



でもさ、、、



標高の問題ではなく、太陽がないぞーーー!


空いっぱい途切れることなく埋め尽くされた冬の雲&霧で、一週間太陽が出てこない、なんてことが普通の北ドイツ。甘かった。。

でも、僅かな希望のもと、元日にも出かけてみましたが、


撃沈。。。





それでも、お昼になって、一瞬顔を出してくれた初日の出。

まぁ、こんなもんですわ。





大晦日には夕日を見に行きましたー。

今年もクダラナイ企画に付き合わされる犬さんにエールを。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ






Friday, 30 December 2016

笑う門には福来たる 








暮れゆく年の最後に、クスッと微笑んでしまう作品を紹介します。






子供が描いてくれた絵。





本人は、パグ犬を描いたつもり。












どー見ても、


湯船に浸かったおじいちゃんにしか見えない。。。




擦れたクレヨンが、湯気に見えて、この何とも言えない表情が、、、

笑っちゃいけないけど、笑っちゃう。
そんでもって、君は天才だよ、いい味出してる!





今年も気まぐれなブログにお付き合いいただき、ありがとうございました!
皆様におかれましては穏やかで心豊かな新年をお迎えください。










にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ









Tuesday, 27 December 2016

飼いたい犬、好きな犬、自分に合った犬、 






って、なんだろう?と、ふと思うことがありまして。
 


よっ!久しぶりに登場のアカ姉さん!最近出来た猫の家族とも仲良しだぞ。


成り行きでベテランの猟犬を預かることになり、また成り行きで子犬から猟犬アカを育てることになり、そして二頭飼をしてみたくて、アカに合う犬を探してマイを飼うことになり(結果は全然合っていなかったのだけど。)

ふと考えると、「こんな犬が飼ってみたい!」と思ったことがないんです。

そして今も、もしもう一頭飼うなら、絶対マイとの相性が必須で、、。

犬を探している人のお手伝いをしていると、必ずどんな犬を飼いたいかのイメージを聞いて、自分なりに彼、彼女との相性をシュミレーションして、合っているかどうかを考える。

でも、そんなことをしている当の本人は、成り行きで犬を飼ってきた訳で、初めから合う合わないなどと人様に口出しできる身分ではまったくない。



この子はイタリアからの保護犬。

この写真の犬さんもそうだけど、最近犬の遊び場によく来ているレトリバーミックスや、その他の猟犬ミックスと触れ合っていると、自分がすんなり会話出来ることを発見した。

私のちょっとした体の動きや態度を面白いように理解してくれる。

犬には共通語があって全ての犬はそれを理解する?

いいえ、私は犬によると思います。

犬の遊び場に来る犬で、誰が何をしようと、ドッカーンと体当たりしてくる犬がいる。

飼い主さんも頑張っているし、トレーナーも付いているし、その犬だって悪気がある訳ではないけど、とにかく誰にも止められない。 ぶつかられないように、自分の身は自分で守るしかない。

人間の場合、こういうタイプは薬をどんどん投与されてしまう”タイプ”というのが、犬のなかにもいるということを学んだ。


少し話がずれた、、、。

で、マイを飼い始めてからも、
どうやったらこっちを向いてくれる?どうやったら止めてくれる?どうやったら一緒に休憩してくれる?何通りのやり方を試したか分からないくらいで、今も試行錯誤の日々。


じゃあ、私に合っている犬とは、猟犬タイプなのか?

でもそれって、単に、猟犬と過ごしてきた日々が長いから、慣れているだけかもしれない。

この前散歩中に出会った犬は、直ぐにガウガウと言ってきたので、とっさにマイを止める方法が出てしまったのだけど、それでピタッと止めてくれた。

ということは、もっと長くマイと接していると、こういうタイプの犬とのやり取りにも慣れていくのかもしれない?





そんなことを悶々と(と言うほどではないけど)考えている時期に、何が発端だったかは忘れたけど、相方が私のやり方が気に入らなかったらしく、

「君には、アカみたいな犬が合ってるんだ!」
みたいなことを言い放ったのが、妙にタイミング悪く突き刺さってしまって、ドッカーンと爆発してしまった。

私に合う犬、私の理想の犬、人生を共にしたい犬、

それって一体何なんだー!と。





パートナー探し?

初めから全てうまくいく算段で動物を探すことって意味あることなのか?

自分のエゴに沸々と怒りが沸いてくる年の暮れ。
ここは一つ、自分を立て直すいい機会なのかもしれないなー。










にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村